会計ソフトで扱えないデータ

05121605 4bea53574f2531

05121605 4bea53574f2531


お客様から,会計ソフトで扱えないデータはどんなものがあるか教えて欲しいというご質問がありました。

なんで,こんな質問が出るのだろうか疑問に思いましたが,だんだん質問の意図がわかってきました。

会計ソフトから出てくるデータだけでは,満足出来なくなってきたということのようです。
試算表の読み方に関心を抱き,疑問が出てくるのは,嬉しい限りです。

では,会計ソフトでは扱えないデータとは何でしょうか?
残念ながら,会計ソフトでは,商品別,顧客別,地域別,拠点別のデータが原則として出来ません。

補助科目等の設定や仕訳検索等を駆使して,ある程度集計することは可能ですが,やはり限界があります。

特に,商品別,顧客別,地域別の粗利については,お手上げです。
当たり前すぎて,疑問にすら思いませんでしたが,そもそも売上総利益の元帳って会計ソフトがら出てこないんですよね。

もし会計ソフトから売上総利益の元帳が出てきて,商品別,顧客別の内訳が出てきたら,良いのですが,残念ながら会計ソフトから売上総利益の元帳を出力することは出来ません。

売上と売上原価を単純に差し引いているだけなので,明細が細かく出るような仕組みになっていないのです。

商品別や顧客別の粗利の内訳を知りたいのであれば,会計ソフトとは別の枠組みが必要なのです。
本格的に集計したいということであれば,販売管理ソフトの導入が不可欠です。

会計ソフトと販売管理ソフトの違いをカンタンにまとめると下記の図のようになります。
無題

会計ソフトで集計される売上や仕入は,一会計期間の合計値を集計した結果であって,お客様の希望するような切り口で縦横無尽に解析できるわけではないのです。

数字のことは会計事務所にすべて任せっきりにしておけば,経営に必要なデータが何でも揃うというのは,誤りということですね。

会計ソフトで扱える情報に限界がある以上,会計事務所が用意できるデータにも限界があるということです。

商品別,顧客別のデータは,規模が小さいうちはカンタンなスプレッドシートで大まかにつかむ感覚でいいかも知れません。

これらは,会計ソフトでは出来ないので,会社が独自に持っておくべきデータなのです。

もちろん,こうした商品別,顧客別のデータをアウトソーシングすることも出来ますが,高いですよ(^_^;)

会社が創業まもなく,規模が小さければ試算表だけで充分です。
でも,ある程度の規模になったら,商品別,顧客別のデータとあわせて,試算表を見て欲しいと思います。

会社が用意したデータと会計事務所が用意したデータがお互いに補完しあうことで,本当の意味で,経営に役立つ資料となってくるわけです。

いくら試算表を見栄え良くして,グラフを作って見える化をしても,それだけでは片手落ちということですね。

会計事務所が用意できるデータと特徴と限界を知ることは,意外と不文律になっているような気がします。
より良い顧客サービスを構築するうえで,知っておいて欲しいことですね。

●●━━━━━━━━━━━━━━━

川越駅西向けば、税務の110番!
埼玉県川越市の税理士事務所です。
https://zeimu110.com/

〒350-1126
埼玉県川越市旭町1-4-38
川越駅西口下車徒歩8分(駅から送迎あり)

お問い合わせは、いつでもどうぞ!
http://is.gd/zeimu110

●●━━━━━━━━━━━━━━━

コメントは受け付けていません。