税務調査対策

無題

ウチは,おかしなお金の流れはありません。
税務調査で税理士が立ち会わないと何か困ることがあるのでしょうか?

このような疑問をもつお客様が増えてきました。
税務調査はお金の流れを調べに来ることだけが目的ではありません。
お金の流れを裏付ける資料や事実関係を調べに来ているのです。

お金の流れが明瞭だからといって安心できるわけではないのです。
お金が流れる必然性が問われているので,税務調査官から質問や資料の提出を求められます。

しかしながら,税法に精通していないと税務調査官との意思疎通が図れず混乱に陥ることがあります。

ある税務調査で,求められた書類がみつからないと,いとも簡単に「捨てました」と答弁する方がいました。

本人に悪気は全くないのでしょうが,税務調査官に「わたしは,脱税をしました」と告白しているようなものなのです。
おかしなお金の流れはないと胸を張ったとしても,これでは台無しです。

よく探したら,書類の中から見つかったというのは,よくあることですが,「捨てました」という答弁は,様々な憶測と誤解を招きます。

税務調査官からの質問には,必ず目的と意図があります。税法の解釈を巡る複雑な問題が絡んでいるのです。これを理解せずに答えた内容は,本人に悪気はなくても脱税行為と受け取られる可能性が高いということです。

税務調査官から受けた誤解を解くための労力と心労は,相当なものです。
税理士が立ち会わなかったとすると,何が原因で問題になっているのかを全く理解できない状態で多くの時間を費やすことになります。これ程不毛な仕事は,ありませんよね?

税務調査で税理士が立ち会う本当の理由は,社長に無駄な仕事をさせないことにあります。
税理士がいれば,税務調査官との意志疎通に困ることは,ありません。

また,税務調査の期間中も社長は普段通りの仕事が出来ます。
必要なときだけ顔を出せばよいわけです。

税務調査の結果だけに着目すると,もしかしたら不満が出るかも知れません。
税理士が立ち会っても立ち会わなくても,結果は全く同じという可能性もあります。
また,税務調査の追徴税額よりも,税務調査の報酬の方が高いこともあるからです。

しかし,社長が税務調査の期間中にどれだけの時間を本来の仕事に集中出来たかを考えていただきたいのです。

社長が本来の仕事に集中するために税理士に報酬を払うという感覚を持っていただければ,破格値といっていいくらいです。

愚者は,結果にお金を払い
賢者は,時間にお金を払うです。

弊事務所では,税務調査で誤解を招く行動をとらないためにも,演習形式による税務調査の模擬体験を実施しております。

これまでの税務調査立会の経験と最近の税務調査の傾向を考慮し,税務調査の現場を再現いたします。

税務調査の模擬体験を通して,事前の資料準備や税務調査の急所
税務調査の上手な応答の仕方をご説明し,安心して税務調査に臨めるようにいたします。

ところで,よくあるご質問に「税務署OB税理士は税務調査に有利なのか?」というものがございます。

過去に税務署OBの方と共同で立会をしたことがございますが,玉石混交といったところです。

よくある間違いが,資産税専門のOBの方が法人税の税務調査に立ち会われても,勝手が違うので,最悪の場合,ダダ座っているだけになる可能性があります。
OBの税理士だからといって,有利になるわけではありません。

また,税務署長を経験された方でも,退官されてから何年も経っていると人脈が途絶えます。もっとも署長クラスならではの経験があるので,それなりに効果がありますが,コストパフォーマンスに疑問が残ります。

あまり大きな声でいってしまってはいけないのかも知れませんが,税務署レベルではなく,もっと上位の国税庁や国税局などで権威あるポストにいたOB税理士がいれば,たしかに交渉がスムーズになる効果があります。

税務署とOBの癒着が批判されておりますので,本当はこういうことは好ましくないのかも知れませんが,現場の目からみると完全にOB税理士をシャット・アウト出来ているわけではなさそうです。

本当にお困りの場合は,OB税理士をご紹介をいたしますが,彼らは,大企業を顧問先にかかえていますので,そもそも中小零細企業の顧問を引き受けてくれるのかという問題と,かなり高額な報酬が負担となり下手すると経営を圧迫しかねません。

弊事務所の強みは,あくまでも中小零細企業の限られた資金をお客様を満足させるために有効に配分することを手助けすることにあります。

お客様の限られた資金を税務調査のために必要以上に費やすことは許されないハズです。

少なくとも企業家は,税務調査のために事業活動をしているわけではありません。

税務調査の立会につきましても,常にこのバランスを考えております。
大物の助けが必要だと判断したときは,その旨お伝えしますが,少なくともここ数年は,わざわざ助けを借りずとも済む場合がほとんどです。

そもそも,一般人が遠出するときに,プライベートジェット機やロールスロイスが必要でしょうか?

国税庁や国税局などで権威あるポストにいたOB税理士は,プライベートジェット機やロールスロイスのようなものです。

弊事務所は,これに比べると軽自動車か,国産のハイブリッドカーに過ぎないかも知れません。

ロールスロイスで高級ホテルのロビー乗りつけるとドアマンの扱いが全く違いますが,それと似たような場面に遭遇することもあるでしょう。

税務調査も同様で,お金に余裕があり,至れり尽くせりの対応を期待するのか,コストパフォーマンスを重視するかは,お客様次第です。

ただ,中小零細企業に限っていえば,大物のOB税理士が対応するのと,街の税理士が対応するのとでは,大した違いはありません。

むしろ,まだまだ頑張れるのに,お客様が慣れない税務調査の重圧に耐えかねて,簡単に諦めてしまうことが多いのが玉にキズです。

弊事務所の税務調査の考え方につきましては,コラムや無料レポートなどでノウハウを惜しみなく公開しておりますので,ご覧ください。

○税務調査に関するコラム
「税務調査に納得出来ません!」などのコラムを配信しております。

○無料レポート
『税務調査でポロッと言ってしまう悪魔のフレーズ』
(上記をクリックすると無料レポートを入手することが出来ます)

税務調査のノウハウは,同業者からの反響が大きくDVD教材となりました。
○税務調査で負のスパイラルに陥らないためのノウハウ

税務調査に慣れていないお客様には,是非体験していただきたいと思います。
具体的なご相談につきましては,こちらです!

ご参考までに,弊事務所のお客様の声を掲載しております。
お問い合わせや具体的な見積もりに関しましては,一切無料です!
お名前(匿名可)とメールアドレス(フリーメール可)を入れるだけでOK!

お問い合わせは,いつでもどうぞ!
お客様の「聞くだけ聞いてみよう!」を歓迎しております。

【埼玉県川越市の税理士事務所 税務の110番 大林税務会計事務所】

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中